2014年10月07日

胎児へのアルコールの影響はあるのか?

実は私は妊娠初期の時に妊娠したとは知らなかったので、飲み会に参加して、ビール2杯と焼酎の水割りを3杯飲んでしまったんですね。

そのあとに妊娠したのを知って、「アルコール飲んだけど、大丈夫なんだろうか!?」と凄く自己嫌悪に陥ってしまいました。

それで産婦人科の先生や友達のお医者さんに聞いてみたのですが、結構私みたいに妊娠したのを気づかずにアルコールを飲んでいた人はいるみたいです。

で、妊娠初期のアルコールが赤ちゃんに影響するのか?というとあまりないと言われました。

というのも、実際に胎盤が作られ、胎児へ栄養などが送られ始めるのは妊娠4か月ごろからと言われているんですね。

なので妊娠に気づく前のアルコールはほぼ胎児には影響はないと考えられているのです。

でもですね、妊娠4ヶ月までならお酒を飲んでも良い!というわけではないみたいなんで注意してくださいね。

産婦人科の先生に聞いたところ、「妊娠が分かったのならお酒は控えましょうね」と言われました。

ちなみに妊婦時にアルコールを飲みすぎると、赤ちゃんに知的障害が現れるリスクが高まるのだそうです。

具体的には毎日ビール2リットル以上とかワイン1本とか飲んでいると、胎児の中枢神経に影響がでる可能性があるのだそうです。

ただアルコールの量は人によって若干違うとのことでしたので、妊娠が分かったら飲まないことが1番大事でしょうね。

妊娠初期に飲んでしまったアルコールのことは後悔してもどうしようもありませんので、これからの生活を大切にすることが重要です。

PS.ちなみに私がアルコールのことで産婦人科に行ったときに看護師さんに言われたのですが、「妊娠初期なら葉酸サプリを忘れずに飲んでくださいね」と言われました。

妊娠初期に葉酸を取ることで、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを予防することが出来るみたいなんですね。

食事からでは必要な葉酸は中々摂取できづらいとのことで、今では厚生労働省も葉酸サプリを飲むよう推奨しているようです。

葉酸サプリの詳細はこちらから>>

posted by 妊娠初期アルコール at 14:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

ビール一杯までなら妊婦でも問題ない?

私の友達が通っている産婦人科ではビール1杯(350ml)なら妊婦でも飲んでも良いと言っているそうなんです。
正直びっくりしましたね。だって、アルコールやタバコは絶対に妊娠中は飲んではいけないものだと思っていましたから!
でも、産婦人科によっては絶対にアルコールは駄目と禁止しているところもあります。

現にほかの友達で、妊娠後期に子宮内発育遅延症と診断されてしまって、妊娠期間中にタバコやアルコールを飲むとなる確率が上がるそうなので隠れて飲んでいなかったか聞かれたそうです。

その友達はまったくお酒飲んでいなかったので、子宮内発育遅延症の原因は別にあったと思うのですが、やっぱり怖いですよね。

なので、私は例え医者に1杯だけは良いと言われても飲まないようにしたいと思います。
posted by 妊娠初期アルコール at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アルコールが含まれているお菓子を妊娠中に食べてしまった!

アルコールが含まれているお菓子ってあるじゃないですか?
友達からもらったお菓子でブランデーが含まれているお菓子があって知らずに食べてしまったんですね。
しっとりしていて美味しいなと思って、パッケージを見たらアルコールが含まれていて、妊娠中は食べないようにと注意書きが書かれていたのです。

妊娠中にお酒を飲むのは絶対にNGじゃないですか?もう本当に落ち込んじゃってしまったんです。
ただ、産婦人科に行ったときに聞いてみると、お菓子に含まれたアルコールくらいじゃ赤ちゃんには影響ないし、流産もしないですよと言われたので少し安心しました。

逆にあまり神経質に考える方がストレスで悪影響なのでもっと気楽に考えてくださいねとアドバイスを頂きました。

初めての妊娠だったのでもうどうしようかとウロウロしていたんですね。
つい仕事中の旦那にも電話してしまいました。
でもこうやって産婦人科の看護師さんは優しく答えてくれますので本当心強いです。

あまり考えすぎず妊娠生活を送っていきたいと思います。
posted by 妊娠初期アルコール at 16:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。